ホーム » 未分類 » 物損での損害賠償

物損での損害賠償

衝突交通事故によって被った被害の中で物損があります。物損の損害賠償のほとんどは基本的に修理費となりますが、この他にも物損にくくられている損害賠償がありますので、今回はその損害賠償についてご紹介させていただきます。

一般の方にはあまり縁がないかもしれませんが、もしお互いが車やバイクに乗っていた場合で交通事故が発生した場合、その車などの購入金額はそれぞれです。もし、被害者側の車などが非常に価値があるもので、日本には数台しかないようなものであった場合、その車などの修理費だけでは損害賠償は収まりません。価値があるものであれば経済的全損と呼ばれる損害賠償も同時に請求することができます。もし、被害者である自分が価値のある車などに乗っている場合は、交通事故後にその車の時価額を査定して請求するべきです。

また、この他にも物損には物理的全損と呼ばれるものも存在します。これは、交通事故によって車などが修理してももう乗車することができない場合に発生する損害賠償です。この場合、事故前の値段と事故後の値段を査定してもらいその差額を損害賠償として請求することができます。更に買い替えをする場合は、購入費用に含まれてくる登録手続き費用なども損害賠償額として認められるケースがありますので、覚えておいて下さい。また、交通事故被害相談を行う“弁護士法人アディーレ”では、物損での請求手続き方法についてホームページに掲載しています。こちらもぜひ活用してみてはいかがでしょうか。