ホーム » 未分類 » 物損について

物損について

交通事故により被害者が加害者に求める損害賠償は大きく二つに分かれています。それは、被害者の肉体的もしくは精神的に被害に遭った部分と、物に損害を受けた部分の二つです。今回はその被害の中でも物損について取り上げ、みなさんにもいつ被害が被るか分からない交通事故について事前に予備知識を付けていただければと思います。

電卓物損はその名前の通り、物が壊れることです。交通事故の場合、車同士やバイク、自転車など被害者側が何らかの乗り物に乗っているケースも多いです。交通事故に遭ってしまった場合、間違いなくこの物損が発生してきます。物損の場合、まず多くの車などは修理費が必要となってきます。その車などが修理可能な場合は修理費用に相当する金額を、加害者に対して損害賠償請求できます。その際に注意しなくてはいけないのが修理費については、修理の見積書や請求書によって行われるため、専門業者から受け取った書類はきちんと保管しておくことが必要です。その書類がないと修理費などの証明ができませんので、いくら壊れていても加害者に請求することが困難です。この他にも物損についてはいくつかの損害賠償の種類がありますが、基本的にはこの修理費が物損の損害賠償にあたる部分ですので、繰り返しにはなりますが、修理費などの書類はしっかりと保管しておくようにして下さい。