物損での損害賠償

衝突交通事故によって被った被害の中で物損があります。物損の損害賠償のほとんどは基本的に修理費となりますが、この他にも物損にくくられている損害賠償がありますので、今回はその損害賠償についてご紹介させていただきます。

一般の方にはあまり縁がないかもしれませんが、もしお互いが車やバイクに乗っていた場合で交通事故が発生した場合、その車などの購入金額はそれぞれです。もし、被害者側の車などが非常に価値があるもので、日本には数台しかないようなものであった場合、その車などの修理費だけでは損害賠償は収まりません。価値があるものであれば経済的全損と呼ばれる損害賠償も同時に請求することができます。もし、被害者である自分が価値のある車などに乗っている場合は、交通事故後にその車の時価額を査定して請求するべきです。

また、この他にも物損には物理的全損と呼ばれるものも存在します。これは、交通事故によって車などが修理してももう乗車することができない場合に発生する損害賠償です。この場合、事故前の値段と事故後の値段を査定してもらいその差額を損害賠償として請求することができます。更に買い替えをする場合は、購入費用に含まれてくる登録手続き費用なども損害賠償額として認められるケースがありますので、覚えておいて下さい。また、交通事故被害相談を行う“弁護士法人アディーレ”では、物損での請求手続き方法についてホームページに掲載しています。こちらもぜひ活用してみてはいかがでしょうか。


物損について

交通事故により被害者が加害者に求める損害賠償は大きく二つに分かれています。それは、被害者の肉体的もしくは精神的に被害に遭った部分と、物に損害を受けた部分の二つです。今回はその被害の中でも物損について取り上げ、みなさんにもいつ被害が被るか分からない交通事故について事前に予備知識を付けていただければと思います。

電卓物損はその名前の通り、物が壊れることです。交通事故の場合、車同士やバイク、自転車など被害者側が何らかの乗り物に乗っているケースも多いです。交通事故に遭ってしまった場合、間違いなくこの物損が発生してきます。物損の場合、まず多くの車などは修理費が必要となってきます。その車などが修理可能な場合は修理費用に相当する金額を、加害者に対して損害賠償請求できます。その際に注意しなくてはいけないのが修理費については、修理の見積書や請求書によって行われるため、専門業者から受け取った書類はきちんと保管しておくことが必要です。その書類がないと修理費などの証明ができませんので、いくら壊れていても加害者に請求することが困難です。この他にも物損についてはいくつかの損害賠償の種類がありますが、基本的にはこの修理費が物損の損害賠償にあたる部分ですので、繰り返しにはなりますが、修理費などの書類はしっかりと保管しておくようにして下さい。


交通事故の損害賠償種類

交通事故は生きている以上、誰にでも起こり得る可能性があるものです。できることなら交通事故に遭わない方がもちろん良いのですが、自分だけがいくら慎重に注意していたとしても交通事故は加害者がいることからどうしても防げない交通事故もあるでしょう。万が一、交通事故に遭ってしまった場合、怪我をしたり、車が壊れてしまったりすることがあります。そんな時には損害賠償を加害者に求めることができます。しかし、損害賠償にも数種類あり、今回はその損害賠償についてみなさんにご紹介させていただきます。

松葉づえ被害者になってしまった場合、ケースやその交通事故の度合いによっても異なりますが、基本的には4つの損害賠償に分かれています。まずは積極損害と呼ばれる損害賠償です。これは交通事故によって、怪我をしてしまい、入院や通院をしてしまった治療費を損害するものです。次が消極損害。これは交通事故によって体が動かなくなってしまった場合、勤めている会社などで仕事ができない為、その給料などの損害を求めることができます。3つ目が慰謝料です。これはなかなか数字として出すのが難しい所ですが、交通事故によって被害者によっては肉体的な苦痛はもちろんのこと精神的に苦痛を持たれてしまう被害者も多いです。そのような苦痛に対する損害賠償となります。最後は物損です。これは今までの損害とは違い、ご自身が車など乗っていた場合に交通事故によりその車が壊れてしまうこともあります。そのような時にこの物損という部分も損害賠償として請求することができるのです。